近所のグラマラスな白人美女とセックスをするドナルド爺ちゃん

17:57

どうも。

老人セックスに妙な性的興奮を覚える
外人アダルト白書のコンタです。


さて、今回も僕のお気に入りサイト「Old Farts Young Tarts」より
老人と若い白人美女とのセックスをご紹介します。

今回の主役はドナルド爺ちゃんです。

ダニエル爺ちゃん

ストーリーはこんな感じ。

ある日のこと。
ご近所に住むグラマラスなロシア系白人美女ダナが
ダニエル爺ちゃんの家に訪ねてきました。

「うちの洗濯機が壊れてしまったの。」

ドナルド爺ちゃんは早速彼女の家に行き
洗濯機を治してあげます。

修理して家に帰ると再びダナがやってきます。

「さっきは有難うございました。これ良かったら。」

夕食を持ってきてくれたロシア系の白人美女のダナ。
ダナを自宅に歓迎して、紅茶を飲みながら会話をする2人。
次第にいいムードになってセックスへ。

老人と白人美女の会話
老人のチンコを舐める白人美少女

老人セックスフェチとして評論すると、
セックス相手も大事なんですが、
主役はあくまで老人男性なんですね。

つまり、その動画の良し悪しを決めるのは
7割がたお年寄り老人の方。

巨乳の乳首を舐める白人老人

で、僕的には老人は
老いぼれていれば老いぼれているだけいい。

妙にマッチョで元気な老人だと
あまり興奮しません。

そーいう意味では今回のドナルド爺ちゃんなんかは
ちょっとアカンわけです。

ドナルド爺ちゃんは、見た感じ65歳くらいでしょうか。

まぁ老人というカテゴリーには入ると思うんだけど
いかんせん身体がキレイ。妙に筋肉質です。

老人のチンコにバックから突かれる白人美女

セックスに関しても、他の老人と比べてタフなんです。

他の老人、例えばミレック爺ちゃんなんかは
命の心配をしちゃうくらい顔を赤くしたり過呼吸になったりしています。

一方でダニエル爺ちゃんは顔色を変えません。
つまり老人ならではの弱さを感じない。

washing-machine-7.jpg
washing-machine-8.jpg

今回の動画だって、白人美女のダナを犯しまくってます。

青く血管が浮き出ている巨乳を鷲掴みして、
彼女の目を見ながら乳首を吸ったり、
立派に勃起したチンコを激しくピストン運動させて
白人美女ダナを本気で感じさせたり・・。

完全にドナルド爺ちゃんが主導権を握ってセックスをしています。

そこにはミレック爺ちゃんのセックスに感じる
女の子が介護をしてあげている感がありません。

ミレック爺ちゃんの場合は介護セックスですからね。
奉仕のボランティアセックス。

washing-machine-9.jpg

老人らしさという面でダニエル爺ちゃんは
「弱さ」に掛けるんですが、

でもドナルド爺ちゃんの良さもあって、
それは顔です。

何て言うんだろう、
悪徳企業のデキる社長みたいな風貌で
ちょっと怖そうですよね。

ふてぶてしいです。

そんな顔を持っているので、
僕は勝手に元社長とキャラ設定をしています。

washing-machine-10.jpg
washing-machine-12.jpg

悪徳社長が、近所に住むうら若き美少女を誘惑して
コテンパにイカせまくっちゃう。

老人をなめていた若い女をガンガン攻めて
最後はセックス奴隷にさせちゃうみたいな。

ドナルド爺ちゃんの場合は、そんな想像をしています。


以上。

■外人アダルト白書 コンタの秘密の日記

今日、電車(西武新宿線)に乗っていたんだけど、
目の前の中年女性(初老女性と言った方が近いかも)が
バックの中から本を取り出しました。

僕はその様子を何気なく見ていて、本のタイトルは
『今から始めるロシア語講座』みたいなのでした。

それはいいのだけど、その中年女性は本のカバーを
外しだしたわけ。なに?って思っていたら、
本のカバーを裏返しにして、裏にしたカバーを
再び本に被せました。

つまり、その中年女性は周りの人に読んでいる本のタイトルを
知られたくないんですね。いや、気持ちはわかりますよ。でも
見られて恥ずかしい本じゃないじゃないですか。むしろ僕は
年齢を重ねても学び続けていることに尊敬します。

でも、その中年女性にとってはどこか恥ずかしいんでしょう。
僕はそんな中年女性の行動に何か女の部分を感じてしまって、
妙に萌えました。勃起はしませんでしたが勃起寸前でした(笑)

わかるかなぁ。わかんねぇだろなぁ。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...