アメリカの細身の黒人ティーンのハニカミSEX

20:16

どうも、外人アダルト白書のコンタです。

今回ご紹介するのはReality Kingsグループの
「First Time Auditions」という動画サイトです。

アメリカ人の黒人美女

「初めてのオーディション」というサイトタイトルで
想像できるように、芸能人やら女優やらファッションモデル
やら、有名人になりたいと願う素人アメリカ美女に
オーディションという名目でSEXしちゃうという
企画モノのアダルト動画サイトです。

経歴書を書く黒人アメリカ美女
アメリカ黒人美女の写真
黒人アメリカ美女との面接

とは言うものの、
実は最近はどんどんノーマル化してきています。

あえて、サイトの特徴とすれば
「10代のアメリカ人のセックス」ってくらいかな。

スレンダー体型の黒人美女
細身の黒人美少女
黒人美女の乳首を舐める

でもまぁ、相変わらずリアリティキングス系サイトに
出演する女の子のレベルは高いです。

黒人美女のフェラチオ

今回の黒人の女の子も、経歴書を書いて
インタビューをしていたと思ったら服を脱がされて
黒い乳首を舐められたと思ったらフェラチオですもん。

白人男のチンコをフェラチオする黒人女
白人のチンコを舐める黒人女
黒人美女を手マンする白人男

真っ赤に勃起したマッチョ白人のチンコを
懸命に咥える黒人美女。

フェラチオさせながら手マンする男。

黒人女のお尻にチンコを付ける白人男
スレンダー黒人女とセックス

ギンギンに勃起した白人男のチンコを
ムチムチして張りのある黒人美女のお尻に押し当てる。

そうして楽しんだ後に、ゴム無し挿入。

黒人女の白人男のセックス
全裸にされる黒人美女
黒人と白人のバックセックス
黒人と白人の後背位セックス

黒人と白人のセックスってちょっと興奮しますよね。

最近じゃ普通ですが、
少し前まではタブーだったらしいです。

アメリカで初めて女性の局部をモザイクなしで発行した
雑誌「HUSTLER(ハスラー)」は、誌面上で
黒人男性と白人女性のセックスを掲載したことから
HUSTLER誌の創設者であるラリー・フリントは銃撃されました。

そんな時代もひと昔。

今では黒人と白人のセックスなんて普通すぎて、
ジャンルですら無いですからね。

細身の黒人美女のセックス
黒人の美しい尻にチンコを挿入
黒人アメリカ美女の背中

アメリカの黒人少女、背中が綺麗です。

そう、「背中までケアしている女性は本物。」
ってタカノユリだか、どこかの美容家が言っていました。

目に見えないところまでケアするのが
本物ってことでしょうか。

でもまぁこの黒人美女はまだ若いし、
ナチュラルで綺麗な背中ですね。

セックスする黒人美女
アメリカの黒人セックス
黒人と白人のM字開脚セックス
黒人美女のM字開脚
チンコを根元まで挿入する外人
黒人と白人の騎上位セックス
0monicka-461.jpg

んなことで、
アメリカ国籍のスレンダー黒人美女とマッチョ白人男との
セックスは、色んな体位でセックスは繰り広げられるわけです。

個人的にはM字開脚をさせてガシガシ突きまくるシーンが好き。

で、フィニッシュです。

0monicka-481.jpg
0monicka-490.jpg
0monicka-507.jpg

ゴム無しで散々突きまくった後は黒人美女のお尻に射精。

0monicka-523.jpg
0monicka-524.jpg
0monicka-530.jpg
0monicka-540.jpg

射精後に寄ってきたカメラに、どうリアクションを
取ればよいのかわからずにハニカム顔が可愛らしい。

最後は無難に手を振って終わり。


以上です。


・【関連記事】「First Time Auditions」のReality Kingsを解説

 
■外人アダルト白書 コンタの編集後記

雑誌「HUSTLER(ハスラー)」についての豆知識。

HUSTLER(ハスラー)は、アメリカで初めて女性の局部を
モザイクなしで掲載しましたが、裁判の末、OKということに
なりました。

その理由は、「人間の身体にはわいせつなものなど無い」
というもの。裁判官がそう言いました。

キリスト教の思想が強いアメリカならではの理由ですね。


あと、HUSTLER(ハスラー)誌の創設者のラリー・フリント氏は
ベトナム戦争時に誌面上で反戦メッセージを伝え続けました。

一番有名なのは、ベトナム戦争で戦死したアメリカ兵の死体を
HUSTLER誌に掲載したことです。

ポルノなどで使われる、「わいせつ」という意味の英単語「Obscene」には
「見せてはいけない」というようなニュアンスも含まれているらしいです。

なので、「本当のObsceneはこれだ!」とハスラー誌に掲載したのです。

普通にハスラー誌を買った人はビックリしたでしょうね。
ポルノ雑誌を買たら、アメリカ兵の無残な死体を見ることになるのですから。

でも、それでわかるように、昔はポルノは自由の象徴というか、
反体制というか、政治的な役割を担っていたんです。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...